百・花・音・乱

<   2011年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ステキな一日の始まり

今朝は爽快な朝で、何かこの身にスバラチイ出来事が起こるのではないかとまで思う朝だったのですが
残念ながら車内にアシナガバチが乱入するという珍事件が起こり突如としてそんな夢は打ち崩されることになった。

駐車場に車を止め、外をチラッと見るとハチがキケンな速度でコチラにやって来るので急いで窓を閉めようとパワーウインドウのボタンを押すと、まるでSF映画で小型宇宙船が敵空母のだんだんと細くなっていく出口をギリギリで通過し無事に帰還するシーンのようにまさに命がけでハチが車内に飛び込んできた。

急いで車から出て全てのドアを開け追い出そうとしましたが、先ほどの勇気はどうしたのかと思うくらいシートにしがみつき動かない。

動かないのでどうしようもなくドアを閉め炎天下の下放置してやった。
帰りにはどうなっているのやら。
b0119969_1237475.jpg

イランイラン

そして歩いていると小さな子どもがけな気にホースから水をチョロチョロ出して遊んでいるシーンに遭遇。
水をかけらては嫌なので少し離れて歩いていると急に蛇口を捻り何を思ったかコチラに向けて放水を始めた。子どもも訳が分からず驚いていたが、驚いたのはこっちだ。
おかげで左足損傷。
怒るにも怒れず激しく睨みをきかせて一応ビビらせておくことに。

そんなこんなで今日もみなさんステキな一日を。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-31 12:45 | 植物

クモの糸

最近水やりをしていたら小さなクモが巣を作っていることに気付きましてそれがちょうどジョウロ先の行方にあるものでついつい破壊してしまうのですが次の日にはきちんと新しい巣を作り直しておりほぉー流石だなぁなどと感心しておりますとついついジョウロの先で破壊してしまうのですが次の日には以前と全く同じ場所に再びキレイな巣を作っていましてそれがなんとも美しい巣なのですがついつい破壊してしまい流石にもうこの場所には巣は作らんだろうと思っていたら今日も同じ場所に作っていましてついつい破壊してしまったのです。

このクモは一体エライのかアホなのか分からん。
おそらくお前だけには言われたくないと思っているだろうが。
b0119969_21132973.jpg

アガベ ゲミニフローラ

明日もきっと今日と同じ日になるだろう。
なんとなく日々はそうして過ぎるものなのですね。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-30 21:19 | 植物

車の車窓から②

今朝も絶望の淵で目覚め市場へと出かけようと信号待ちをしていますと
6時30分過ぎに子どもがひとりトボトボ歩いておりました。
よく見れば首からカードのようなものが。
ラヂオ体操か。

ラヂオ体操。

ラヂオ体操がどうして6時30分からの儀式なのかという現実はこの際静かに受け止めよう。
問題は6時30分から10分足らずの間の世界がもたらす暗示的な存在が子どもにある定義的な「早起きは三文の徳」といった妙に聞こえの良い隠語を植え付けるという点である。
そもそものそも「徳」なのか「得」なのかも分からぬ上、「三文」の歴史的価値すら分からぬようじゃそりゃ君出直していらっしゃいよ、ということになる。
b0119969_17555753.jpg

写真は夕焼け空。

「果報は寝て待てぇい」というじゃないか。
早起きこそが天下取りのようにも聞こえるがそうじゃない。

そうじゃないですよ。

でも今日は頑張りました。
仕事ですからね。

きっと何か得なことがある。徳かな?
三文くらいのもんで。

三文て1円の何分の一?

すいません出直してきます。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-29 17:59 | sora

夜の闇は

なんやゴソゴソしとったら日が暮れた。
少し前まではイヤン日が長いわねと騒いでいた青年期の少年少女たちも日暮れと共にひそひそと家路を辿るのです。そして一日の喜びを胸にヤンヤとよい子は手をたたくのです。

b0119969_22132068.jpg


夜はついさっき始まったばかり
光は惜しげもなく夜のおっさん達を照らし出します。
光は惜しげもなく生え方のおかしい雑草のような黒い頭を照らし出します。
光は惜しげもなく間違った場所に植えられた植物のようにパサパサした頭のおっさんを照らし出します。

闇はそんなおっさんの頭を見なくてもいいようにあるのです。
闇は惜しげもなく闇そのものです。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-26 22:23 | 植物

夏の定番

b0119969_15422045.jpg

夏の花と言えばアサガオと決まっているように
夏の虫除け定番はキンチョーと決まっている。
b0119969_1547268.jpg

しかし
蚊取り線香がいくら歯がゆいとはいえ
おそらく私はこのようなことをすべきでは
なかったのだ。
夏の風物詩をこのような姿にする必然性は決してなかったのだと思ふ。
象徴的に言っても。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-25 15:54 | 植物

疑問文

今更聞けないがあえて聞こう。
地デジってなんじゃ?

そもそものそも、地デジしたからといって何か得なとこでもあるんかいな。
電気代が安くなるのかな。
あれか、光ネットのようなもんか。
てか光ってなんじゃろ。
N○Tの電話線みたいなもんかいな。
てゆうかその前に電線はどうにかならんのか。
その前に原発か。
なんでソーラーパネルがもっと普及せぬ。
自然エネルギーってそんなに無いのか。
もはや自然は存在せぬからか。
家の近所はカエルが鳴き喚くほど自然なんだがカエルのエネルギーは使えぬのか。
てゆうかちょっと冷えた昨晩、カエルが1匹も鳴かなかったのは何の兆候か。
地デジと関係があるのか。
b0119969_19334172.jpg

グリーンで遊んでみるアレンジ。
b0119969_193416.jpg


猿でも分かるように誰か教えてくれないか。
池上彰さんは教えてくれないのか。
[PR]

想像力テスト

想像力を膨らませてみると全ての物事が示唆に満ちていることが分かります。
その示唆について更に想像力を膨らませてみましょう。
きっと貴方は空想の世界に迷い込んだような錯覚におちいることでしょう。
しかし完全な空想など存在する訳もなく、それは記憶の片鱗を辿る行為に過ぎないのです。
全ての物事がメタファーであるようにその空想も想像力も記憶の中の像による暗喩的表現でしかないのです。よって完全なるオリジナリティーなど存在せぬ。
これは持論だ。

しかし訓練によって途切れ途切れの記憶をつなぎ合わせ、全く新しいものを生み出すことも可能である。

問 次の写真をミルクチイでも飲みながらぼんやり眺め、想像力を養いなさい。
   (例題③と④は見比べて何かしら答えを導くこと)

例題①
b0119969_20134480.jpg

例題②
b0119969_2019251.jpg

例題③
b0119969_20203653.jpg

例題④
b0119969_20235117.jpg

[PR]
by hana-kanon | 2011-07-23 20:28 | その他

夏のお約束

もう世間の学校は夏休みなのだろうか。
始まったばかりの夏休みは永遠のように感じるもの。

自分は田舎に帰るのと墓参り以外どっかに連れて行ってもらった記憶がない。
日々友達と遊ぶことに全身全霊をかけ、これで命が消耗しても構わぬ、遊びぬいて花と散ろうぞ。
というように文字通り身を粉にして遊び倒し、挙句の果てに宿題なるものを完全に放棄せしめ、新学期の黒板の隅っこに名前を書かれる快挙。頑として提出せず、それは現在においてもまだ未提出なままである。
永遠に提出などしない宿題。
そもそも夏休みは永遠なのだ。

いいですか、こんな大人になってはいけませんよ。

b0119969_205446.jpg

今月のプリザ
b0119969_20545867.jpg

マグネットを付けたアクセサリーを器に貼り付け夏のオブジェっぽく。

夏休みの天敵、それはお腹痛。
いいですか、男児たるものポッケにはいつも正露丸を忍ばせておかねばいけませんよ。
[PR]

マツコ

台風それた?それてないけどちょっぴり生暖かい風がもさっと吹いただけでなぁんにもなかった。
おかげで暑さも少し柔らいで過ごしやすくなり、寝苦しさも解消。
目覚めすーきりで健康そのものなのであーる。
目覚めが良いと腹が減る。がっつーり食べれば健康そのものなのであーる。

くまか。わしゃ春のくまか。

b0119969_21434153.jpg

このエレクトロちっくな葉の植物は
ジュエルオーキッド マコデス

マコでございます。

マ(ツ)コデ(ラック)ス?

いやマコデスです。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-20 21:49 | 植物

ドキドキハラハラ

お気付きの方も多いと思いますが台風です。
台風の日は警報が出て学校が休みになったりします。
何かドキドキするものです。

今日の教室は生徒さんが全員お休みになったのでなぁんにもすることがありません。
何かハラハラしますね。
b0119969_19433317.jpg

風船かずら

かずら?かづら?

b0119969_19453325.jpg

の花。

かずら?かづら?

てかハラハラって何?
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-19 19:47