百・花・音・乱

<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

イベント事後報告

告知下手なのでさらっと流されてましたが、3月やってたイベントプリ。
折り込み広告の方にはバシッと載せたのでまぁまぁ体験レッスンには来てくれたのですが、材料がまだ余っているので再度募集します。
b0119969_18322017.jpg

アンティークなミニアレンジ。4月も引き続きやります。

春なのに。春だから。あえてこんな色。
人気ないのもそのせいかな・・・

あと10個くらいです。これがはけなきゃ赤字です。
まぁもともとイベントは利益考えてなかったけど。

1200円。

どなた様もお越し下さいませ。

来月20日からは「母の日イベント」やります。
これはちゃんと事前にお知らせしますね。ちゃんとやります。
[PR]
by hana-kanon | 2010-03-31 18:39 | お知らせ

あーよかったね

昨晩の花見は誠に残念なことに異常な寒波のため来週に順延。
だってよー、雪とか降ってんじゃんよー。しかし夜は居酒屋に避難しなんとかお酒に有り付いた。
よかったね。
b0119969_18234084.jpg

ムスカリ・ゴールデンフレグランス

言っておきますが別に色がゴールデンだからというのではなくて、香りがゴールデンなのですからね。ゴールデンな香りがどんな香りかといいますとね、それは80年代の香りなのですよね。
一家団欒でテレビを囲んでいたドリフ的な香りなのですね。
あの頃のテレビは良くも悪くも今思えば本当によかったね。
[PR]
by hana-kanon | 2010-03-30 18:37 | 植物

ランチです

b0119969_11154671.jpg

毎朝通る道にある果物屋さん。
冬の間は旬のみかんをメインに品揃え。徹底してのみかんオンリーな店だった。相当のこだわりか?
今はみかんとイチゴが半々。「他の果物が欲しけりゃ他所へ行きな」といった感じ。
見事なまでの旬へのこだわり・・・か?
b0119969_14295972.jpg

話は逸れて今日の昼ご飯。
ほぉ、最近じゃおあげも一口サイズにしてあるんか?
などと感心。
フタを開けたら既にこんな状態。一体何がこの中で行われていたのか。謎は深まるばかり。
b0119969_1434857.jpg

そしておかず。
贅沢極まりなし。しかも3割引!!低所得者には実にありがたい一品。

話は逸れて今日は午後よりチーム奈良の副キャプテンのお店にて定例会議。という名の花見。という名の飲み会。という名のお外で鍋をつつきながらの烏合の会。
寒空の下、冷たいビールで夜桜に乾杯。
がんばります。
[PR]
by hana-kanon | 2010-03-29 14:57 | その他

3D

近頃世間を騒がせているものに3Dというものがある。わざわざ専用のメガネをかけなきゃ見れないらしい。今に世界は3Dの侵略を受けるだろう。テレビ、ゲーム、ケータイ、カメラ。
きっとそのうち3Dパソコンや、3D教科書、3D看板に3D絵の具。3D社長秘書に3D家政婦、3D車に3Dアイドル。なんだってアリですので、

3D花束。
b0119969_15255356.jpg

どこが3Dかって?

そんなもん言ったもんの勝ちでしょ。流行なんてそんなもの。
[PR]

春です

今日は晴れたね。お日様は恥ずかし気もなく殺風景に空に張り付いた感じで。そろそろ桜もうっぷん晴らしに開いてくれるだろうし。鶯も鳴かぬなら誰かが殺してしまうのだし。つくしはよく見れば何か気持ち悪いし。虫はゾンビのように蘇ってくるし。
春っていいよね。

b0119969_1833672.jpg

ご注文のお供えアレンジメント。シンプルにお供えっぽく。
b0119969_18351735.jpg

イタリアンベリー
器のメタリックとベリーのメタリックが絶妙でダリアが少々メタボリック。
ついでにメタファーなお腹をダブルクリックしときますか。
春ですね。
[PR]

死への誘い

男三十路過ぎにして「ナウシカ」を再読、そして三日間程落ち込む。
色々な解釈があると思うが、たくさんあるテーマの中で「光と闇」というのもそのひとつだろうと思う。死を恐れて不老不死を願う者、無数の死を乗り越えて生きる強さを身につける者がいる。

死を否定する者には清浄と汚濁こそが生命だということに気が付かない。生命は光だと訴える。
それに対して生命は生命の力で生き、人間の闇、世界の闇を認める者は生命は闇にまたたく光だと言う。
前者は利己的な考えでもあるが、人間らしくもある。そもそも人間はそんな生き物だ。
後者は自然(それが作り替えられたものであっても)と共に生き、自らも変わりながらその最後を迎えようという本来ならば理想的な生き方を主張する。言い換えれば何とかなるさ的な。
どちらも人間といえば人間の人間的な考えだと思う。善悪は関係ない。

最終的に主人公は前者の言う正しい希望の光(新しい用意された世界)を否定し、滅びの世界(生命の力で生きようとする世界)を選ぶ。

結論、本当に滅びの瀬戸際に立ったときに人はもう一度考え直すのかもしれない。

世界の終わりにはこんな音楽と共にありたい。三日程前に手にした音源。
b0119969_20113916.jpg

Autechre / Oversteps

突きつけられる無条件な死の香り。襲いかかる虚無虚無虚無。願わくば三世諸仏と共に。
目に見えるものは虚栄虚栄虚栄。その乾いた三白眼で見上げてみよ。


[PR]
by hana-kanon | 2010-03-26 20:35 | 音楽

花巡業①

窮屈に植えられた花を見て可哀想だとか、都会のガスの中にたたずむ街路樹を見て憤りを覚えるだとか、自然が自然としての役割を果たせない世界に対して抱く感情ってのはある人から言わすとそれは傲慢だとかそれはエゴだとか様々。
けれども生態系は別としてどんな環境でも生きている植物を見てほぉ、なかなかやるなぁと感心する気持ちも分からないでもない。
要は自然として見なければいいだけであって、都会の街路樹もあれはあれで環境に応じて生きやすいように生きているとすればエゴに浸ることもないのでしょうね。

けれども肝心なことは忘れてはいけない気がするのです。
「違和感」、「窮屈さ」あと「本来の姿」。

人工的に作られたとしても全てを放棄してしまえばそれは飾り物でしかない気もします。
そんな世界には住みたくはありませんよね。

ならば道は「共生」ととるか「回帰」ととるか・・・

b0119969_1823845.jpg

自然と文明の「融合」ととるか「対比」ととるか。
b0119969_1825175.jpg

何かを感じ取ってもらえれば良いかと思います。自分の考えもまだぼんやりとした感じですが・・・
いつか表現者として皆さんにお見せ出来る日が来ることを願って。

これから月に一度、テーマに沿った作品を炭焼彩菜 KAMADO さんにて展示させていただきます。
暫くは「違和感」、「窮屈さ」、「本来の姿」というキーワードの中、「自然と文明の共生」というテーマで考えてみようかなと思っております。
これを見て「可哀想」だとか「何かしんどそう」といった「不自然さ」を感じていただけると私としてもしてやったりです。
あなたはきっと正常な心を持っているのだと思います。
[PR]

ウズラバタンポポ

自分は10数年前には花とは全く無縁に生きておりまして、というかそれまで花屋というものに行ったこともありませんで、それより何より花の名前などバラかチューリップくらいしか知らなかったのでありますし、またあり得ないことに花屋にはタンポポも売られているのだと思っていた程なのですね。えっ、花屋ではタンポポ売ったらあかんの??
という前置きがありつつ仕入れてみたタンポポ。
b0119969_1561760.jpg

ウズラバタンポポ
宿根草らしいです。花もちゃんと黄色いのが咲くそうです。
綿毛も出来て飛ぶそうです。
そしたらあちこちにいっぱい増えて藤井寺近辺のタンポポの植物生態系が変わるのでしょう。
そうなったらもちろん知らんぷりです。
でももしそうなったら誰かから怒られたりするのでしょうか?
楽しそうでドキドキしますね。
皆さん共犯ですからね♪
[PR]
by hana-kanon | 2010-03-22 15:16 | 植物

癒しの一枚⑭

最近今更ながらよくフィッシュマンズを聴いている。
何とも表現しにくいあのニュルっとした感じが良い。

そして今日はひとつ近代音楽史における電子音響とヒトの感覚バイオリズムの相違点について考えてみよう。
えっと、だからね、何というかあれでしょ?ほらほらやっぱりそんな難しいこと聞くから。
直感でしょ?そうそうそんなやつ。なんて寡聞少見。

そしてこれまた最近良く聴く音楽。
b0119969_14334465.jpg

World's End Girlfriend / Hurtbreak Wonderland

やはり音楽は自分の体に合ったものを聴くに限る。
知識など必要ではない。直感であれば良い。
エレクトロでの表現もそろそろ飽和状態か?自然への回帰などもよく聞かれます。そんな一枚。
エイフェックス・ツイン仕込みとでも言うべきか。その美しいメロディとブレイクビーツは健在。
このCDは比較的聴きやすい方かと。



[PR]
by hana-kanon | 2010-03-21 17:00 | 音楽

走る男

ところで佐川急便の人ってのは荷物を抱えて格好良く走ってお届けするといいますよね。
今朝それを目撃いたしました。少しイメージとは違う感じもするのですが・・・

年は初老の頃。頭に白い毛が混じり始めた配達員が膝をガックガクいわせながら若干斜め走りではありますがミカンの箱を脇に抱え顔を歪めながら走り抜ける。相当キツそうだ。
しかし頑張れ、貴方を見ている人はきっと居る。貴方は今そのミカンの箱に夢を詰めて走っているんだ。走れ、風になれ。とまでは言わないが心で応援して参りました。

本日は強風。

b0119969_144877.jpg

クリスマスローズ
品種名は不明。ラベルにはクロとだけ。
少々テカっているのはツヤ出しスプレイを噴射したためです。
スプレイすると色が赤紫になってしまいました・・・
本当はもう少し黒っぽいのですよ。

それにしても今日はすごい風。背中を押すにはこれくらいがちょうど良い。
リスクを背負って走る覚悟は出来ていますか。
スタートの合図はもうすぐですよ。
[PR]
by hana-kanon | 2010-03-20 17:23 | 植物