百・花・音・乱

カテゴリ:音楽( 25 )

思い出せない音楽

10年程昔に借りてよく聴いていたギターポップのバンドの曲。
女性ボーカルで爽やかなメロディーでどこか懐かしい感じのする曲。

ずっとバンド名を忘れていた。

5年前くらいから思い出そうとしてみたが一向に思い出せず。
あ行から順に探索してみたが出てこず。
歌詞も覚えてないのでネットでも検索出来ず。
ダビングしたテープも紛失。

八方塞がり。

諦めるともなく諦め、諦めきれぬと諦めていた。
b0119969_2052444.jpg


昨晩トンガリコーン食べてたら急に思い出した。

advantage Lucy

思いっきり「あ行」だった。



advantage Lucy  / グッバイ

まだ活動しているとのこと、うれしい限りです。
[PR]
by hana-kanon | 2011-06-28 21:03 | 音楽

癒しの一枚⑯

Radioheadのイカついスキンヘッドの彼。
そういつも考えられぬリズムのドラムを鳴らすフィルのソロアルバム。
b0119969_18304100.jpg

Philip Selway / Familial

フィルってフィリップだったんですね。知らんかった。

ともあれこれでメンバー5人中3人がソロということになり、必然的にエドとコリンちゃんが取り残されたていになる訳です。次は是非ともコリンちゃんに期待します。弟のジョニーの陰になりがちなお兄ちゃん。ケンブリッジ大学出のお兄ちゃん。大学で習ったのは「ハンバーガーにチーズを乗せるか乗せないかの聞き方だけ」と話すお兄ちゃん。
がんばって。




フィルって思いもよらぬキレイな声だったのですね。
10年前は髪の毛フサフサだったんだよなー。
[PR]
by hana-kanon | 2010-08-31 18:49 | 音楽

癒しの一枚⑮

雨の日のように気怠く。気高く。
b0119969_1641277.jpg

七尾旅人 ヘヴンリィ・パンク: アダージョ

久しぶりにアルバムを開いてみた。
日本でも数少ない『声』をボーカルでなく『音』として表現してくれる人。
歌詞が何なのかなど問題じゃない。


エンゼルコール

まだこの曲はメロディーしっかりですけども、
この人の頭の中とリズム感はどうなっちゃってるんでしょうね。
多分、体の重心がどっちかに傾いちゃってるんでしょう。
間違いなく永積くん同様のエンゼルボイスなのです。
[PR]
by hana-kanon | 2010-06-15 16:17 | 音楽

暑い日には

体感温度は30℃を超えているだろうか。
今日は暑い。
涼をとるにはちょっとこんなBGMでもどうですか?
教室でよ~くかける音楽。

高木正勝さんのAir's Noteから一曲。
Ophelia

b0119969_16354117.jpg

紫外線。
あまり気にしたことはないのだが、今日は歩いていると浴びてる感じがした。
毎年のことながら夏には暑さの記録が塗り替えられる。今年の夏はいったいどうなってしまうのか。
てゆうか一番ヤバイのは果たして紫外線なのだろうか。その先にあるものは浴びても大丈夫なのだろうか。吸血鬼の気持ちが少し分かりかけてきた。
[PR]
by hana-kanon | 2010-05-21 16:47 | 音楽

ハンバートハンバート

お気づきかもしれませんが、教室でよくかかっている音楽に『ハンバートハンバート』があります。
昨晩は心斎橋でライブがあり、初めて彼らの生演奏を聴いて参りました。

ニンニキニキニキ、ニンニキニキニキ、ニニンが三蔵ーとドリフの人形西遊記のテーマで登場・・・
ってあれは明らかに良成くんのチョイスだろう。同年代だねぇ。

遊穂さんは可愛すぎで良成くんはそのまんま。ほのぼのMCでは会場を幸せの渦で飲み込んでくれました。でも圧巻はあの歌唱力。どんだけ歌うまいねん。
最後はちとテンション上がったのか遊穂さんジャンプ。大丈夫か?妊婦だろ?
まぁ途中休憩時間とかとったのもそのせいかな。

関西ツアー終了後には産休で秋までお休みで、復帰後に新作も出るようですね。
またのんびりまったりライブが見れることを願って。

アンコールでやってくれた『同じ話』
やはりジーンときましたね。いい歌です。

[PR]
by hana-kanon | 2010-04-11 19:09 | 音楽

死への誘い

男三十路過ぎにして「ナウシカ」を再読、そして三日間程落ち込む。
色々な解釈があると思うが、たくさんあるテーマの中で「光と闇」というのもそのひとつだろうと思う。死を恐れて不老不死を願う者、無数の死を乗り越えて生きる強さを身につける者がいる。

死を否定する者には清浄と汚濁こそが生命だということに気が付かない。生命は光だと訴える。
それに対して生命は生命の力で生き、人間の闇、世界の闇を認める者は生命は闇にまたたく光だと言う。
前者は利己的な考えでもあるが、人間らしくもある。そもそも人間はそんな生き物だ。
後者は自然(それが作り替えられたものであっても)と共に生き、自らも変わりながらその最後を迎えようという本来ならば理想的な生き方を主張する。言い換えれば何とかなるさ的な。
どちらも人間といえば人間の人間的な考えだと思う。善悪は関係ない。

最終的に主人公は前者の言う正しい希望の光(新しい用意された世界)を否定し、滅びの世界(生命の力で生きようとする世界)を選ぶ。

結論、本当に滅びの瀬戸際に立ったときに人はもう一度考え直すのかもしれない。

世界の終わりにはこんな音楽と共にありたい。三日程前に手にした音源。
b0119969_20113916.jpg

Autechre / Oversteps

突きつけられる無条件な死の香り。襲いかかる虚無虚無虚無。願わくば三世諸仏と共に。
目に見えるものは虚栄虚栄虚栄。その乾いた三白眼で見上げてみよ。


[PR]
by hana-kanon | 2010-03-26 20:35 | 音楽

癒しの一枚⑭

最近今更ながらよくフィッシュマンズを聴いている。
何とも表現しにくいあのニュルっとした感じが良い。

そして今日はひとつ近代音楽史における電子音響とヒトの感覚バイオリズムの相違点について考えてみよう。
えっと、だからね、何というかあれでしょ?ほらほらやっぱりそんな難しいこと聞くから。
直感でしょ?そうそうそんなやつ。なんて寡聞少見。

そしてこれまた最近良く聴く音楽。
b0119969_14334465.jpg

World's End Girlfriend / Hurtbreak Wonderland

やはり音楽は自分の体に合ったものを聴くに限る。
知識など必要ではない。直感であれば良い。
エレクトロでの表現もそろそろ飽和状態か?自然への回帰などもよく聞かれます。そんな一枚。
エイフェックス・ツイン仕込みとでも言うべきか。その美しいメロディとブレイクビーツは健在。
このCDは比較的聴きやすい方かと。



[PR]
by hana-kanon | 2010-03-21 17:00 | 音楽

癒しの一枚⑬

b0119969_17471653.jpg

久しぶりにジャケ買いした音楽。
no.9 / usual revolution and nine

キーボードや弦楽器などとエレクトロが融合。
それだけなら数多くある音楽だけど、圧巻は完成されたメロディー。
特に5曲目のagain and again はインストの曲で初めて涙したほど。

新作もあったのだけど、今回あえて5thアルバム買ってみました。
(canonの曲のリミックスがあったので。これがまた旨いのなんの)
エレクトロ苦手な方でもきっとハッピーな気分になれると思いますよ。


again and again エレクトロじゃない曲です。泣きます。

こちらでno.9の曲が少し試聴できます♪
[PR]
by hana-kanon | 2010-01-24 18:14 | 音楽

深夜食堂

自分はドラマというものをここ10年めっきり見ないのですが、最近になり、珍しく毎週楽しみにしているドラマがある。たぶん視聴率は1%くらいの番組だろうけど、自分にとっては今最高の番組だ。

「深夜食堂」。
知っている人も少ないかもしれない。別に勧めて見て欲しい訳でもない。だけども縁あって今回手にした音楽を聴いているとお知らせしたい気分になってこうして紹介してみたのです。
番宣↓


これに流れてた音楽が気になって調べてみたところ鈴木常吉さんなる人物だと知る。
ホームページも拝見。そしたらCD通販もやってるみたいなので、どうせ買うのなら直接と思い申し込み。
返信のメールが恐らくご本人(?)なんだか親近感。

そして今日届いたCD。
「ぜいご」全14曲にCD-Rに焼いた番組イメージ曲2曲も付けて下さって親切極まりなしです。
b0119969_18565355.jpg

番組挿入曲の「思ひで」はもちろんですが、その他の曲も文句なく良い。
懐かしさなのか、どことなく寂しい。でも限りなく力強い。
聴き終わった後に何度も聴きたい気持ちにさせてくれる。似た感じで、あがた森男の曲はどちらかと言えば女性っぽさがあるが、常吉さんの場合はどちらでもない感じ。ただ淡々と物寂しい。
後味も淡々と物寂しくて、心が空っぽになる。青い空みたいな感覚。
久しぶりに「歌」を聴いたって感じ。

ホームページと試聴はこちらから
[PR]
by hana-kanon | 2009-12-09 19:19 | 音楽

ハナレグミ


魂を込めて歌います。
そうして始まった「光と影」。舞台照明の演出もさることながら、ギター1本で会場をピタリと凍り付かせる程の熱唱。あちこちで鼻をすする音・・・いやいや感動させて貰いました。名曲作っちまいましたね永積さん。

昨日、大阪厚生年金会館でのハナレグミライブ。(動画は違うイベントのやつですけど)

日本人のライブは久しぶりだったのですが、やっぱり曲よりもMCの方が記憶に残ってしまいますねぇ。

最初に言ってはった「今日を忘れられない日にしようぜ」。
ラスト曲のギターイントロでさぁ歌い出しというところで後ろのメンバーがお茶を倒してやり直し。
神懸かり的な笑いで本当に忘れられない日になったんと違います?

それから永積さん、目は極々自然に離れている程度です。まだ人並みですので安心していただきたいと思います。

ともあれ、笑いあり涙ありのほんわかライブでよかったですよ~。皆さんも良かったら聴いてみて下さいな。
[PR]
by hana-kanon | 2009-09-25 17:15 | 音楽