百・花・音・乱

オリジナリティー

デザインというものは求めれば求めるほど遠ざかって、いつも落ち着いたところへたどり着く。
謂わばミメーシス(模倣)の堂々巡り。フォルムには完成形などないんだとか言うのも
同じところを回っているだけだからか・・・

だとしたらオリジナリティーっていったい何?そもそもそんなものを追求したところでミメーシスから解放されるんだろうか。

b0119969_15374526.jpg

エルシェイプ崩れのアレンジ。模倣を目指す。オリジナリティーのかけらも無く。
b0119969_15423713.jpg

しかしゲーテが言っているように、この世の万物はメタファー(隠喩・暗喩)だとしたら、デザインひとつひとつをを何かに例えることが出来る。

この花はあの人で、この枝の線はまっすぐな人生で、この柳の流れは愛嬌でとかいう様に。
オリジナリティーが溢れて来た。大事なことですね。
[PR]
<< カゴを開けろ 野望 >>