百・花・音・乱

雨と季節

雨は落ちるべき場所にしっかりと落ち。
季節を在るべき位置に間違いなく作っていく。

歪みのないものとはあるがままの姿なのか。

ますます世の中は歪みだらけ。
歪んだものは二度と元には戻れず湾曲するだけ。
先にも進めず回り続けるのさ。

b0119969_1971435.jpg

リングピロー。
ご結婚される方自ら制作。

ふたつのリングは何かに似ている。
今日の天気のように雨が降って季節が巡る。
間違いのないあるがままの道。
歩き続けるのは同じ約束を交わしたふたり。
幸せの道には雨がよく降る。
それは喜びの雨なのだろう。
[PR]
<< 秋らしからぬ やんわりふんわり >>