百・花・音・乱

なごみかぜ

b0119969_17445575.jpg
 
和風ブーケ

和風。

和み風とも書きます。

和み風に吹かれ少し寒そうにしている月の姿。

それを見た私も寒くなり上着を着る。

あぁ、月にも雲の上着を着せてやれたらいいのに。


・・・というような短歌を作ろうと試みましたが断念。
詩の才能は無いようです。


いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと
握れば指の あひだより落つ

さりげなく 言ひし言葉は さりげなく
君も聴きつらむ それだけのこと

啄木の唄でお詫び。
[PR]
<< 幸せリレー エアープランツ >>