百・花・音・乱

癒しの一枚⑦

b0119969_19534993.jpg

ここんとこipodを買ったせいかよくレンタル屋へ行きます。

くるり ワルツを踊れ

ベートーベンにも強く所縁のある土地。
モーツァアルトも好んで移住した土地。
ハイドンもその腕を振るった土地。

ウィーン。

古典派の息吹を今に残しつつ、現代ロックとの融合。

くるり節炸裂。

落雷の跡に薔薇が咲き。

たった一行の歌詞に救われる・・・
良くも悪くも考え方ひとつで、何かが変わる。

世界は急速に成長し、小さな命の灯が消え続ける。
ハンバーガーは大量生産され、世界の森林が消え失せる。
災害孤児達は保護され、値段が付いて売り飛ばされる。
通り魔は人を殺め、社会の犠牲だと主張する。
一日に2種の生物が二度と見れなくなる。
今こうしているときも・・・

イヤホンから脳へ直接流れるメロディーは
つま先を通り抜け、地球を串刺しにしてその裏側にまで響きそうな感覚。

良くも悪くも考え方ひとつで、何かが変わる。

世界は救われようとしている。

ジュビリー!ジュビリー!
[PR]
by hana-kanon | 2008-06-14 20:23 | 音楽
<< エアープランツ せ・い・こちゃ~ん >>