百・花・音・乱

蛍光灯の光

教室の一室にある蛍光灯がだいぶ前からひとつ消えていて

まぁまだひとつ生きてるし不便な事など何もないので

そのままにしていたら昨日死んだ

12000時間の寿命が静かに幕を閉じました。

暗いなー とても暗いんだよー

こんなことなら早く買い換えとくんだったなー
b0119969_20352145.jpg

ブラサボラ・リトルスターズ 夜香

で、さっき貴方の街のジョーシンで香川真司似の店員から最新版のパナソニックモデルを

買い求め早速取替える。

しかしあれだな

人間の腕というのは頭の上より高い位置での作業には向いてないように出来ているんだな。

腕が

腕が

もげそうだ。

蛍光灯を取り替える作業

あなどれぬ。

しかしそんな人類の英知の結晶的技術を駆使した甲斐あって取り付け完了。

点灯式もそこそこに電源オン。

ああー ああぁー 

眩しす。

とっても眩しす。

よってひとつ電源オフ。

これで落ち着く。

-今回の教訓-

光は足元を照らすものであって
  夜のおかしな孤高なるおっさんを照らし賜うものに非ず
[PR]
by hana-kanon | 2011-10-04 20:50 | 植物
<< 午後三時 朝から徘徊 >>