百・花・音・乱

車の車窓から②

今朝も絶望の淵で目覚め市場へと出かけようと信号待ちをしていますと
6時30分過ぎに子どもがひとりトボトボ歩いておりました。
よく見れば首からカードのようなものが。
ラヂオ体操か。

ラヂオ体操。

ラヂオ体操がどうして6時30分からの儀式なのかという現実はこの際静かに受け止めよう。
問題は6時30分から10分足らずの間の世界がもたらす暗示的な存在が子どもにある定義的な「早起きは三文の徳」といった妙に聞こえの良い隠語を植え付けるという点である。
そもそものそも「徳」なのか「得」なのかも分からぬ上、「三文」の歴史的価値すら分からぬようじゃそりゃ君出直していらっしゃいよ、ということになる。
b0119969_17555753.jpg

写真は夕焼け空。

「果報は寝て待てぇい」というじゃないか。
早起きこそが天下取りのようにも聞こえるがそうじゃない。

そうじゃないですよ。

でも今日は頑張りました。
仕事ですからね。

きっと何か得なことがある。徳かな?
三文くらいのもんで。

三文て1円の何分の一?

すいません出直してきます。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-29 17:59 | sora
<< クモの糸 夜の闇は >>