百・花・音・乱

夜の闇は

なんやゴソゴソしとったら日が暮れた。
少し前まではイヤン日が長いわねと騒いでいた青年期の少年少女たちも日暮れと共にひそひそと家路を辿るのです。そして一日の喜びを胸にヤンヤとよい子は手をたたくのです。

b0119969_22132068.jpg


夜はついさっき始まったばかり
光は惜しげもなく夜のおっさん達を照らし出します。
光は惜しげもなく生え方のおかしい雑草のような黒い頭を照らし出します。
光は惜しげもなく間違った場所に植えられた植物のようにパサパサした頭のおっさんを照らし出します。

闇はそんなおっさんの頭を見なくてもいいようにあるのです。
闇は惜しげもなく闇そのものです。
[PR]
by hana-kanon | 2011-07-26 22:23 | 植物
<< 車の車窓から② 夏の定番 >>