百・花・音・乱

妖怪

週明けに大人数の生徒さんがいらっしゃるので机の片付けなどをしていますと、ついつい本格的に大掃除とかになってしまいます。
普段開けない秘密のドアを開いてみたり、その奥にある開けてはならない小箱を開いてみたり、決して触れてはいけない禁断の古文書を開いてみたりします。

するとたまにとんでもない品物に出会います、そもそもそれが過去にどういった形態を成していた物体なのかすら分からないまでに腐敗し、絶望的な恐ろしさを秘めた半固形物と表現するほかない物・・・

妖怪どろりんと名付けよう。

b0119969_17125132.jpg

レクステネリア・ブラジリアン・エーデルワイス

妖怪どろりんとは、ある物体がいたずらに放置されて腐敗発酵し、独自の旨味成分を熟成しつつ幾何学的菌糸をゆるやかに伸ばして成長し、絶望的な観を呈している。
生息場所は主に台所や冷蔵庫の隅である。

見つけ次第捕獲し、処理することをお勧めします。
さもなくば生活に多大なる支障をきたすことになりますよ。

こわいよーこわいよー
[PR]
by hana-kanon | 2011-04-17 17:23 | 植物
<< お祭り騒ぎ おてもやん >>