百・花・音・乱

太郎君

土居君と力君を思い出したので当然太郎君のことも語らなければいけません。

太郎君は鉄人で鋼のボデイを手にした男です。足も速く、全身がバネのような機敏性を持ち、自分などは密かに憧れを抱いておりました。
が、鋼ゆえに体が硬く、柔軟体操が苦手な一面を持っていました。

ある日太郎君を交ぜた近所の友達と探偵ゴッコをしている時の事です。

土居君は当然サル泣きゴッコの餌食になって泣いて帰り、力君はホネホネロックでバラバラに砕け散っていたその時、前方不注意の太郎君は車にすっ飛ばされて月面宙返りを2回転半ほどキレイに決め、激しく地面に叩き付けられてしまいました。

僕たちは青ざめしばらく声も出せずにいましたが、太郎君はシャッと飛び起き顔面血だらけでありましたが、笑顔で大丈夫やでーと言いました。
どっと沸く歓声の中涼しそうに血を拭く太郎君。
さすが鉄人です。

でもやっぱりその後病院送りになりましたが・・・
太郎君もやはり普通の人間だったようです。

今日の写真はなしです。明日からちゃんとしたブログ書きます。
[PR]
by hana-kanon | 2011-03-08 17:52 | その他
<< 大二郎君 力君 >>