百・花・音・乱

想定外

いつもブログにてどーでもいいことを書いてます。
どーでもよすぎて本当にどーでもいいなぁーと思います。
が、本日は先ほど起こった出来事を綴りたく思い書き込みます。

日頃の人の行動においてよく見かけるのが無意識または無条件的な行動であって、例えるならば電話中にペンで意味不明の記号をなぞり続けるようなものであり、それがあたかも当然の行いのようにそしてきっとこれには深い意味が根底には在するのだ、そうだそうだそうなのかもなのだ、と錯覚するところに落とし穴がある。
b0119969_1536438.jpg

人は皆その落とし穴を想定外だと言うが、そうではない。
常にこの先には何が起こるかということの思索を張り巡らさなければいけない。
そうでなければ到底人類の英知はない。
b0119969_15411628.jpg

飲み終えたペットボトルをゴミ箱に投げ込む行為だって自分などはコレ入ったら100万円ー、とか阿呆な考えを無意識に抱くこともある。実に可愛げでもある。
本来ならば99%命中に間違いはないのだけれども、あとの1%先に起こる出来事を想定してなければならなかったのである。
b0119969_15473569.jpg

ゴミ箱に入った瞬間、中にある別の容器で跳ね返り見事に外へ飛び出すという想定外を。

ね、どーでもいいよね。
[PR]
<< 今年の雛祭り 目玉焼き >>