百・花・音・乱

癒しの一枚⑭

最近今更ながらよくフィッシュマンズを聴いている。
何とも表現しにくいあのニュルっとした感じが良い。

そして今日はひとつ近代音楽史における電子音響とヒトの感覚バイオリズムの相違点について考えてみよう。
えっと、だからね、何というかあれでしょ?ほらほらやっぱりそんな難しいこと聞くから。
直感でしょ?そうそうそんなやつ。なんて寡聞少見。

そしてこれまた最近良く聴く音楽。
b0119969_14334465.jpg

World's End Girlfriend / Hurtbreak Wonderland

やはり音楽は自分の体に合ったものを聴くに限る。
知識など必要ではない。直感であれば良い。
エレクトロでの表現もそろそろ飽和状態か?自然への回帰などもよく聞かれます。そんな一枚。
エイフェックス・ツイン仕込みとでも言うべきか。その美しいメロディとブレイクビーツは健在。
このCDは比較的聴きやすい方かと。



[PR]
by hana-kanon | 2010-03-21 17:00 | 音楽
<< ウズラバタンポポ 走る男 >>