百・花・音・乱

告知のありがたさ

危険というものはいつ我が身に降りかかるか分からないものです。
常に気を張っていなければ成らず、しかしながら四六時中そうしてピリピリもしておれぬのが何ともやり切れぬ思いな訳で、そういった悩みを解消すべく世間には危険をいち早く察知できる告示板が存在するのであります。

例えば道路標識の落石注意とか流石有り難い告知ですね。あれがあるお陰で落石の際にさささっと避けて難をやり過ごすことが出来ます。

b0119969_1813087.jpg


更に昨日セルフのガソリンスタンドにて一言このような告知が。
安全装置が働かない場合があります、ふきこぼれににはご注意下さい。
んー、安全装置が働かない場合があるんかー。
よしよし気をつけよう。書いといてくれて助かるなぁ。

b0119969_18202822.jpg

何の告知もなく作った作品。椚の炭でシンプルにかっこよく。

時に告知は人を不安な気持ちにさせることがあります故、知らぬが仏ということで。
[PR]
by hana-kanon | 2009-12-14 18:26 | その他
<< 愛の歌 実はパン屋ですが >>