百・花・音・乱

寛容に

梅雨が明けたか開けぬのか、残り梅雨と呼ぶのは些か早くもある候。
梅雨ならば雨を楽しむというのが人の風情であるのだけれども、そうは言っておれぬ世の情勢。
国のお偉い方たちは今まさに鎬を削る攻防戦。第一に己の立場を。次に党在りき。そして派閥を守り、選挙に勝つ。鉄板のルールであります。世を変えるのであらば己を変えることだな。

花音はそんな世界とは何ら関係がないので今日は観葉植物。
b0119969_17333934.jpg

ボンバックス。観葉なのに落葉高木。バオバブの木の仲間でもあります。バブー。
見たこと無かったので買ってみました。ハーイ。
b0119969_1737786.jpg

ブラキキトンの細葉です。ここんとこ安くなって結構出回りつつあります。
でもまだ珍しい方でしょうか。観葉には少し疎いのでよく分かりませんが。とりあえず以前の半値くらいになってたので買ってきました。
b0119969_174710100.jpg

何でしょうか。シダでございます。
ブレクナム・ギッバムと言います。
今はモッサリしてますが、木立性になります。木の幹みたいなのが生えてくるというのです。
覚えといてください。ギッバムです。ベッカム違いますバッギムです。ガッテム違いますガガガガ・・・ギギギ・・・バババ・・・バギッ。ゴギュ。ボクベッカム。

まぁまぁ寛容に寛容に。そうすありゃアソーオロシも何処吹く風なのですから。
[PR]
by hana-kanon | 2009-07-17 18:04 | 植物
<< ハートの花火 アジアのバラ >>