百・花・音・乱

ヤマト発進

近頃梅雨だというのに雨が降らない。雨が降らないとどういう事態に見舞われるか、もちろん水不足という被害によってお百姓さんが大変しんどい思いをし、米が取れず、食べのもが無くなり、ネズミが柱をかじり、家が倒れ、住む家を無くし、疫病が流行り、国が滅ぶ。となるのです。

昔はそんなときどうしたのか?
もちろん言うまでもなく雨乞いをしたのであります。

今こそ雨乞いを復活せしめ全国民で雨を降らすお祈りをするのがいいでしょう。何日も何日も祈ってみるがいいでしょう。しかし、酔狂のあまり何日も国の経済がマヒし、会社が潰れ、失業者が暴動を起こし、米蔵を襲い、変な宗教団体が生まれ、国を滅ぼし、ヤマト発進。とかになるのです。

あぁ~、なんかムシムシするなぁ。ザッと降ってくれないかなぁ、と思ってそんなことを妄想。
b0119969_2013781.jpg

久しぶりに注文品を載せてみようと思い、写真を撮ってみました。最近のお気に入りの色。
こちらはお見舞い用に。

お見舞いに花とは何と心憎い。自分など入院したときに友達から貰ったカネゴンのフィギュアが未だに憎たらしく見えて仕方がない。何でカネゴンなんだ??と今でも理解に苦しみ、何度心のヤマトを発進させたことだろうか・・・ハルマゲドンはもうそこまで迫っているのです。
[PR]
<< 三年寝太郎 歴史を感じる >>