百・花・音・乱

巻かれたもの

b0119969_1845396.jpg

少しだけ夏を装って涼やかに。少しだけ何かに巻かれたくて。長い何かに。
開放感のない、閉じたアレンジ。
少しだけ窮屈に生きてみる。夏の開放感などお構いなしに。
自由なんていう妄想な言葉を閉じこめて繰る日も繰る日も同じ道を歩くといいさ。
それは円楼。
しきたりの中で年老いていくだけ。
[PR]
<< 流木 今日のお花 >>