百・花・音・乱

母の日

今朝は4時に目覚めました。風がギュンギュンゴウゴウ鳴るもんで、窓と雨戸のちょっとした隙間がバキバキガタガタうるさくてとても寝てられぬ状況。仕方がないので寝ぼけたまま何か挟む物と部屋を調査してみたところ古い靴下と厚手のタイツを掘り出したのでそれを音の鳴るであろう箇所に挟み込み、こんなに寝ぼけた状況でも自分は臨機応変、見事に対処出来るものだと感心し、再び眠りに付いたのでした。

写真は今月のプリザーブドのレッスン。母の日ラブリーカーネーション。
然しカーネは若干控えめな感じも・・・
b0119969_19184954.jpg


日が昇る頃に目覚め、カーテンを開ける。
目に映る物は哀れなまでに落ちて転がっている靴下とタイツ・・・
愕然と膝を打つ。思ったよりも隙間が広すぎた。この根性無しが、と靴下たちを投げ飛ばし、そして出勤。風は今も鳴り続ける。
[PR]
<< 動きが硬い師匠 価値ある記念日 >>